同志社女子中学校・高等学校同志社女子中学校・高等学校

2020.11.02

学校行事

戦時下の同志社女子

 

 

 

希望館1階には本校の歴史にまつわる

様々な資料などを紹介する

展示ギャラリーが設けられています。

 

 

 

 

 

 

現在こちらの展示ギャラリーには

第二次世界大戦中の本校の様子を

伝える資料が展示されています。

 

 

 

 

 

 

今回の展示にあたっては

戦時下の同女で学生生活を送られ、

今年の女子部創立記念礼拝に

講師としてお越しいただいた

小野恵美子さんから貴重な資料を

お借りすることができました。

 

 

 

 

 

 

戦時下の本校生徒は学業の時間が削られ、

軍需工場や岩倉の農場での作業などに

動員されていたそうです。

 

 

 

 

 

 

小野さんが1944年8月から伊丹市の

軍需工場に動員されたときの記録が、

本校の創立100周年を記念して発行された

『同志社女子部の百年』に掲載されています。

 

その記録によると、

「リンゴ一ヶ、バナナの粉配給」

「空襲に備えて工場建物の天井取りこわし始まる」

「朝空襲、寮の近くに火の手が上がる」

「毎夜蚊とのみの襲来、敵機の襲来で悩まされる」

など当時の様子が生々しく伝わってきます。

 

 

 

 

 

 

今回の展示を通して

本校の歴史にあった戦争の時代を知り、

平和を作っていくことの意義を

生徒たちが考えてくれることでしょう。