同志社女子中学校・高等学校同志社女子中学校・高等学校

受験生 Question and Answer受験生 Question and Answer

入学試験について

  • 前期日程と後期日程の両方を受験することは可能ですか?

  • 可能です。前期日程、後期日程それぞれに出願手続きを行ってください。

  • WRコースからLAコースへのスライド合格はありますか?

  • はい、第2志望としてLAコースの志望が可能です。

  • スライド合格を希望した場合、合否判定で不利になることはありますか?

  • ありません。第2志望の場合も、第1志望の受験生と同様に、得点比較によって合否を決定します。

  • LAコース・WRコースの試験問題は同じですか?

  • 同じです。ただし、LAコースの配点は4教科とも各100点ですが、WRコースは国語・算数を各150点に換算します。

  • 合格に必要な各科目の最低点はありますか?

  • ありません。

  • 自己推薦で受験資格が得られなかった場合、一般入試で不利になることはありますか?

  • ありません。一般入試では当日の試験結果のみで判断します。例年、自己推薦で受験資格を得られなかった多くの方が一般入試を受験し、合格されています。

  • 帰国子女対応試験はありますか?

  • ありません。一般入試での受験となります。

大学への推薦制度について

  • どの程度の割合の卒業生が、同志社大学・同志社女子大学へ進んでいるのでしょうか?

  • 卒業生の約9割が内部進学をしています。内部進学者のうち約95%が同志社大学、約5%が同志社女子大学へ進学しています。詳しくは「進路」のページをご覧ください。

  • 誰もが推薦で同志社大学・同志社女子大学へ進学できるのですか?

  • 在学中の成績が一定以上で、大学側の条件を満たせば進学が可能です。

  • 学部は自由に選べるのでしょうか?

  • 志望は自由です。ただし大学側から人数の指定があるため、希望者が多い学部は成績順となります。

  • 推薦内定時期はいつですか?

  • 同志社大学・同志社女子大学への推薦進学の内定時期は、高校3年生の12月です。

  • 在学中に大学との交流はありますか?

  • 学内校の生徒が参加できる体験講義があります。法・経・商学部など毎年高大連携講座が開催され、大学がすぐ隣にあるため、多くの生徒が講義に参加しています。また、学部ごとの説明会や見学会などもあり、在学中に大学での学びについて詳しく知ることができます。

  • 外部受験の場合、どのような大学への推薦がありますか?

  • 例年指定校推薦での進学実績があるのは国際基督教大学と早稲田大学(WR指定)、京都薬科大学です。また年度によりますが、首都圏私立大学や歯科大学などの指定校推薦枠があります。その他にも公募制推薦入試を受験する生徒もいます。

コース制について

  • 中学のときはなぜWRコースとLAコースの混成クラスなのですか?

  • 中学校3年間は、幅広い視野を持った人間性を育むことに重点を置いているため、両コース混成としています。また、両コースとも全員が大学進学を目指していますので、同じように基礎学力の充実に取り組んでいただきます。高校1年からは、WRコース1クラス、LAコース5クラスでのクラス編成となります。

  • 入学後にコースの変更はできるのでしょうか?

  • 希望と成績審査により、中3と高1への進級時にコース変更が可能です。 ただし、一度コース変更した方が元のコースに戻ることはできません。

  • 学校行事やクラブ活動への参加は、コースによって違いがありますか?

  • 特にありません。学校行事はコースに関係なく、同じ条件で参加できます。またクラブ活動もコースに関係なく希望するクラブに入部可能です。(土曜日の午前中のクラブ活動については、WRコースの生徒は授業があるため参加することができません)

学校生活について

  • 土曜日に授業はありますか?

  • LAコースは週5日制ですが、WRコースは中学では英語・数学の土曜日特別授業を実施しています。高校では土曜日を含めた6日制のカリキュラムとなっています。また、夏期・冬期・春期の休暇中も特別講習が行われています。

  • 補習指導は実施されているのでしょうか?

  • 英語や数学を中心に、教科担当者の判断で適宜補習を実施しています。また、学習習慣の確立に不安のある生徒に対して、卒業生が勉強を教えるチューター制も実施しており、一人ひとりの状況にあった学習のサポートを行っています。

  • 通学範囲に制限はありますか?

  • 通学範囲に制限は設けていません。入学者の半数以上は京都府以外から通学されています。地下鉄今出川駅や京阪出町柳駅から近く交通アクセスが良好なことから、大阪・兵庫・奈良・滋賀の近畿各府県はもちろん、愛知県・岐阜県から通学する生徒もいます。

  • 学校の周囲はどのような環境ですか?

  • 本校は同志社今出川キャンパスに位置し、同志社大学・同志社女子大学に隣接しています。また学校周辺には京都御苑や相国寺があり、市内中心部にありながら、緑豊かなで落ち着いた環境となっています。

  • 制服がないとのことですが、規定などはありますか?

  • 華美な服装、髪色を変えることや化粧・アクセサリーの禁止などいくつかのルールがあります。中学生・高校生として学校生活にふさわしい服装や適切なふるまいを自ら考える力を身に付けることが求められます。

  • 学校と各家庭の連携はどのようになっているのでしょうか?

  • 担任と保護者の方との面談が、夏休みなどに行われています。また年2回の授業参観と、その際に行われる保護者会や父母の会主催の講演会、宗教部主催の保護者修養会などを通して、保護者の方と学校との交流の機会を設けています。休校などの緊急連絡や、保護者の方からの欠席連絡などにはメールによる連絡システムを活用しています。

  • 奨学金制度はありますか?

  • 在学中に経済的事情で勉学の続行に困難が生じた場合、奨学金制度を利用できます。(若干名)

  • 親の転勤による転校の必要が生じた場合、紹介をしていただけるのでしょうか?

  • キリスト教学校同盟加盟校などの紹介が可能です。

  • 親の転勤で外国へ行った場合、現地で取得した単位は認定してもらえるのでしょうか?

  • 認定はしていません。高校の場合は、1年留学すれば原級に留まる(1年下の学年に入る)ことになります。

  • 学校見学はできますか?

  • 校地内(校舎内を除く)の見学は随時受け付けています。本校門衛所にて見学希望の旨をお伝えください。校舎内もご覧になりたい方は、学校見学会等のイベントにご参加ください。なお、個別に校舎内見学や学校説明をご希望の場合は、お問い合わせ用アドレスまでご連絡ください。