同志社女子中学校・高等学校同志社女子中学校・高等学校

2021.11.10

学校行事

美術系のクラブ

 

 

 

中学生高校生にとって放課後の時間は

授業やテストから解放されて、

自分の好きなことに打ち込める

大切な時間です。

 

 

 

 

 

 

本校では放課後の時間を使って

多くの生徒が自分で選んだ

クラブ活動に参加しています。

 

 

この日の放課後、美術教室1では

美術クラブが活動をしていました。

 

 

 

 

 

 

中学生は紙粘土のような素材で形を作り

その上にカシュー塗装を施して、

オリジナルの置物を作成中です。

 

カシューとはカシューナッツの殻からとれる

油分を原料とした塗料のことで、

漆と同様に工芸品や調度品などの塗料として

広く使われているそうです。

 

乾燥させて重ね塗りをすることで

光沢のある美しい仕上がりになるそうです。

 

 

 

 

 

 

その横では高校生が油絵やデッサンに

取り組んでいました。

 

同じクラブ内でも自由に自分の作品を

手掛けているようです。

 

 

 

 

 

 

隣の美術教室2では同じく美術系の

コミッククラブが活動していました。

 

オリジナルのイラスト作品などを

作成しているコミッククラブでは

各自が画力アップに取り組んでいます。

 

 

 

 

 

 

この日は全員でクロッキーに取り組みました。

 

モデルとなっている2人の生徒の姿を

3分間で素早く写生していきます。

 

限られた時間内に対象を捉え

シンプルにその特徴を表す訓練で

絵を描くための基礎力が養われるようです。

 

 

授業中とは異なる表情で、

それぞれの放課後の時間を

有意義に過ごす生徒たちがいます。