同志社女子中学校・高等学校

MENU
MENU
同志社女子中学校・高等学校
〒602-0893 京都市上京区今出川通寺町西入
TEL/075-251-4305
FAX/075-251-4308
  • HOME
  • こむらさき通信

全校生徒の合作

2021.09.30

 

 

 

様々な制約の中で行う今年の文化祭の

新企画が「巨大絵画」です。

 

 

 

 

 

 

これは中学から高校までの全校生徒で

1つの巨大な絵画を作成する試みです。

 

 

 

 

 

 

今日のホームルームの時間に

各教室で絵画のパーツを作る

作業が行われていました。

 

 

 

 

 

 

生徒一人ずつに配られた20×20マスの方眼を

指定されている色に塗りつぶしていきます。

 

 

 

 

 

 

各クラスに割り当てられた48枚の方眼を

模造紙に貼り付けて集約していきます。

 

中1から高3までの36クラス分をつなげると

どのような絵画が出来上がるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教科の展示

2021.09.29

 

 

 

例年ですと文化祭で盛り上がっている

9月の最終週なのですが、

今年の文化祭はプログラムを再編し、

今週の金曜日と11月12日の2日間に

日程を分散して実施します。

 

 

 

 

 

 

例年の文化祭ではステージ上での発表と共に

様々な作品が教室などに展示されます。

 

上下2枚の写真は2019年度の文化祭の様子です。

 

 

 

 

 

 

文化系クラブの作品と共に文化祭の展示には

各教科の授業での制作品や課題作品が

たくさん並んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

今年は文化祭での展示会場も縮小となるため、

現在校舎内の様々なスペースを使って

生徒作品の掲出が行われています。

 

 

 

 

 

 

希望館2階の中学1年生の教室前には

中学1年生が夏休みの課題で取り組んだ

数学のレポート作品が展示されています。

 

 

 

 

 

 

調べた内容をただまとめるだけでなく、

レイアウトや色づかい、文字の使い方など

見る人により良く伝わるような

工夫がされている作品が多く見られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体育祭に向けて

2021.09.28

 

 

 

年度当初の予定では今日が体育祭でしたが、

コロナ関連の行事の見直しの中で

来週へと日程が変更されています。

 

 

 

 

 

 

生徒会の体育祭企画委員のメンバーが

今日の放課後に体育祭当日の

段取りのリハーサルを行っていました。

 

 

 

 

 

 

例年はそれほど広くないこのグラウンドで

中学生・高校生の6学年の生徒が

ひしめき合って行う体育祭ですが、

密を避けるために今年は中高別の実施です。

 

 

 

 

 

 

本校の体育祭は生徒会と体育祭企画委員の

高校生たちによって運営が行われます。

 

 

 

 

 

 

青空の下で体育祭を楽しむ

全校生徒の笑顔を思い描きながら、

リハーサルが続けられていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラリ晴天

2021.09.27

 

 

早くも9月も終盤を迎えています。

 

今週も生徒たちの学校生活が始まりました。

 

 

 

 

 

 

今日は朝早くからカラリと晴れ、

気持ちのよい1日となりました。

 

秋らしい澄み切った青空がまぶしかったです。

 

 

 

 

 

 

換気が必要な状況ということもあって

授業中も積極的に開放されている

校舎の出入り口や教室の扉からは

心地よい風が吹き抜けていきます。

 

 

 

 

 

 

本来であれば合唱コンクールに向けて

各クラスでの練習がピークを迎え、

校内の至る所から歌声が聞こえてくる

季節でもあります。

 

 

 

 

 

 

コロナ禍によって本校でも様々な営みが

中断されてしまっていますが、

再開される日が来ることを祈りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校のか・い・だ・ん 2

2021.09.24

 

 

 

学校のか・い・だ・んシリーズその2。

 

 

 

 

 

 

体育館となっている新生館の階段は

特に主張のない地味な階段ですが、

校地南側の植え込みと京都御苑の緑が

窓一面にさりげなく広がっています。

 

 

 

 

 

 

竣工から5年がたつ希望館の南側階段は

生徒の通行量が最も多い階段です。

 

 

 

 

 

 

この階段は校舎の吹き抜け部分に突き出す

ユニークな構造になっていて、

見晴らしの良い気持ちの良い階段です。

 

 

 

 

 

 

そして屋上庭園へとまっすぐに伸びる

この階段の最上部は明るい光が差し込み、

天国への階段と呼ばれているとか、いないとか。

 

 

 

 

 

 

希望館北側の階段は南側階段に比べ

やや暗い感じがするのですが、

紫色の壁に丸くくりぬかれた窓の意匠が

かわいい印象を与えています。

 

生徒たちが毎日気を止めることもなく

昇降している学校の階段ですが、

それぞれに個性がありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校のか・い・だ・ん

2021.09.22

 

 

 

学校のか・い・だ・んシリーズその1。

 

本校校舎内の階段を上ってみましょう。

 

 

 

 

 

 

本校正面にある1932年竣工の栄光館は

正面の玄関から入ったロビー部の左右に

シンメトリーに階段が配置されています。

 

 

 

 

 

 

石を使ったつくりや手すりの意匠から

現代の建物にはみられない

重厚な趣きが放たれています。

 

 

 

 

 

 

コロナ下の昨年からチャペルの2階席が

使われていないため現在この階段で

生徒の姿を見かけることは少ないのですが、

長年にわたり多くの生徒たちが昇降した

ステップのすべり止めのすり減り具合に

本校の歴史が刻まれているようです。

 

 

 

 

 

 

こちらは1993年竣工の静和館の階段です。

 

この校舎には東西両側に階段がありますが、

西側階段の1階部分には先代静和館の

階段のモニュメントが展示されています。

 

 

 

 

 

 

また1階から2階の間の踊り場には

フレンドリーコーラスクラブのOG会から

寄贈された姿見が設置されていて

生徒の身だしなみチェックに役立っています。

 

 

 

 

 

 

こちらは静和館の東側階段です。

 

5年前に新希望館が完成したことで

学校の重心が東側に移ったため、

生徒の通行量も多くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

放課後のクラブも控えめ

2021.09.21

 

 

 

現在本校では放課後の活動を制限し、

クラブ活動等は原則中止となっています。

 

 

 

 

 

 

そのため授業が終わった後の校内は

普段と比べると生徒の数も少なく

ひっそりとしています。

 

 

 

 

 

 

そのような中で活動が認められているのは

直近に大会を控えているクラブと

文化祭のための準備が必要なクラブです。

 

 

 

 

 

 

それらのクラブでも活動に参加するのは

必要最小限の部員のみとなっており

普段のような賑やかさはありません。

 

 

 

 

 

 

緊急事態宣言が解除されれば

生徒の活動も制限が緩和される方向へと

進むことが考えられますが、

果たして緊急事態宣言自体の行方は

どうなることでしょうか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中1砂絵作成中

2021.09.17

 

 

 

例年文化祭期間中の校内には

様々な教科での取り組みや

クラブの作品などが校内に展示されます。

 

 

 

 

 

 

ここ数年中学1年生は一人一人が

砂絵の作品を制作し中1の廊下に

展示して文化祭を盛り上げてきました。

 

 

 

 

 

 

今年の中1も砂絵づくりの真っ最中。

 

昨日のホームルームの時間も

どの教室でも真剣なまなざしで

一心不乱に作業に取り組んでいました。

 

 

 

 

 

 

自分で決めた図柄に沿って

シール式の台紙をカッターで切り抜き

そこに色のついた砂を振りかけていきます。

 

 

 

 

 

 

細やかで地道な作業のようですが、

案外楽しそうに取り組んでいました。

 

完成したらまた紹介しますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授業風景~中学~

2021.09.16

 

 

 

9月も半ばとなり朝夕の涼しさに

季節の移ろいが感じられます。

 

今日の中学生の授業の様子です。

 

 

 

 

 

 

中学3年生のクラスでは教室の前で

プロジェクターを使ってスライドを投影して

生徒がプレゼンテーションをしています。

 

 

 

 

 

 

中3総合的な学習「聖書と人権」では

SDGsに取り上げられている諸問題について、

これからの世界のために私たちが

どのような行動をとるべきかを

聖書の言葉に照らしながら発表していました。

 

 

 

 

 

 

教育活動でも感染対策が求められる中、

歌唱やリコーダーの演奏など

従来の活動が行いにくい音楽の授業では

木琴の演奏を取り入れています。

 

 

 

 

 

 

普段あまり触れる機会のない楽器だけに

苦戦している生徒もいるようですが、

軽やかな音色が校舎に響いています。

 

 

 

 

 

 

グラウンドでは中学1年生の体育で

サッカーの練習をしていました。

 

 

 

 

 

1対1でのパスの練習をしていますが、

なかなか思うように相手のいるところに

ボールを届けるのが難しいようです。

 

手を使ってはいけないサッカーですが、

転がるボールに思わず手が伸びる生徒が

続出している模様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入試の過去問

2021.09.15

 

 

 

新型コロナウイルスの感染拡大と

緊急事態宣言の発出という状況を受けて、

9月に予定していた中学入試説明会は

いったん中止としております。

 

 

 

 

 

 

中学入試をめざす受験生にとっては

入試本番まであと4か月。

 

そろそろ志望校の過去問練習に取り組む、

という受験生も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

本校では過去問の頒布は行っておらず、

市販の過去問集をご利用いただいています。

 

相談会などで試験用紙の体裁などについて

ご質問をいただくこともありますので、

ご紹介しておきます。

 

 

 

 

 

 

ご覧のように本校の入試問題は

B5サイズの冊子形状になっていて、

中綴じはしてありません。

 

 

 

 

 

 

冊子の初めのページをめくると

B4サイズの解答用紙が挟まれています。

 

教科によってはページ数も多いですが、

受験生の皆さんには落ち着いて

実力をしっかりと出し切ってほしいですね。