• HOME
  • こむらさき通信

中国音楽の鑑賞

2020.02.17

 

 

先週の木曜日のホームルームの時間に

中学1年生と3年生が

中国音楽の鑑賞を行いました。

 

 

 

 

栄光館の舞台には民族衣装を身に着けた

5人の奏者の方々が登場し、

それぞれに楽器を奏でられました。

 

 

 

 

中国楽器の中でも二胡は比較的有名ですが、

他にも台形の木に張られたたくさんの弦を

2本のバチでたたいて演奏する楊琴など、

珍しい楽器も紹介してくださいました。

 

 

 

 

生徒たちも舞台に上がって、

二胡の演奏体験をしました。

慣れない楽器の扱いに苦戦しましたが、

なんとか音は出せたようです。

 

 

 

 

生徒たちに人気のヒット曲「パプリカ」の

演奏が始まると生徒たちも手拍子で応え、

楽しいひと時を過ごすことできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中3英語の授業

2020.02.14

 

 

静和館地階の図書・情報センターで

中学3年生の英語の授業が行われていました。

 

 

 

 

この授業では図書・情報センターにある

Oxford Reading TreeやStep into Readingなど

様々な多読用図書や海外の絵本を読み、

気に入った本についてPOPを作成します。

 

 

 

 

200冊を超える図書の中から生徒たちは

好きな本を選び自分のペースで読み進めます。

 

 

 

 

中には友だちと一緒に読んだり、

「これ面白かった」と薦め合ったりする様子も

よく見られるようです。

 

 

 

 

生徒たちに特に人気があるのは

近年注目されつつあるカナダ人作家の

ジョン・クラッセンの絵本です。

 

 

 

 

授業中に作成したPOPのうち、

優秀作品は図書・情報センターに

飾られるそうです。

 

生徒の書いたPOPを見て

さらに多くの生徒が

その本を手に取ることに

なるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校写真連盟作品展

2020.02.13

 

 

京都高校写真連盟作品展が

四条烏丸にある佛教大学四条センターで

開催されています。

 

 

 

 

今回で68回目を数えるこの作品展は

京都府高等学校文化連盟写真専門部と

京都高校写真連盟が主催するもので、

京都府内の高校の写真部の生徒たちの

作品がたくさん展示されています。

 

 

 

 

最近様々なコンテストなどでの入賞が続き、

活躍著しい本校写真クラブも

数々の力作を発表しています。

 

 

 

 

作品展に先立って行われた審査会では

個人の3席と団体3位に輝きました。

詳細はTOPICSの記事をご覧ください。

 

 

 

 

作品展は2月15日まで開催されています。

どなたでも自由にご入場いただけますので

ぜひ会場へ足を運んでみてください。

 

会場:佛教大学四条センター
(四条烏丸北東角 京都三井ビル4F)

10:00~17:00(15日は ~15:00)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンドリン定期演奏会

2020.02.12

 

 

京都北山の京都コンサートホールで

マンドリンクラブの定期演奏会が

今年も開催されました。

 

 

 

 

演奏会当日はお天気にも恵まれ

暖かい日差しに誘われるように

たくさんの来場者がホールに足を進めます。

 

 

 

 

部員のご家族や友達はもちろん、

マンドリンクラブの歴代OGたちも

続々と集まってきました。

 

 

 

 

マンドリンクラブは創部55年を迎え、

定期演奏会は今年で記念すべき50回目。

ホール正面にはクラブを見守ってきた

伝統ある部旗が掲げられていました。

 

 

 

 

演奏は部員による合奏の他、

OGとの合同ステージもあり、

世代を超えたハーモニーを

ホールいっぱいに響かせてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校入試でした

2020.02.10

 

 

冷え込みの厳しかった先週末は

京都市内でも雪が降り、

所によっては積雪もあったようです。

 

 

 

 

今日も朝の礼拝が終わるころに

一時的ではありましたが雪が舞いました。

 

 

 

 

冷え切ったグラウンドには瞬時に

うっすらと雪が残りました。

 

 

 

 

さて京都の私立高校では

今日から入学試験がスタート。

 

多くの学校では授業を休止して

入試を実施していますが、

約25名募集と入試規模の小さい本校では

通常通りの授業を行いながらの入試です。

 

 

 

 

高校入試は推薦入試のみとなっており、

静和館地階の図書・情報センターでは

27名の受験生が作文と面接試験に臨みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文化週間 ライブ2

2020.02.07

 

 

文化週間のアトリウムライブ続編です。

3日目に登場したのは

フレンドリーコーラスクラブです。

 

 

 

 

フレンドリーコーラスクラブは

その名の通り音楽の好きな生徒が集まって

学年に超えて合唱を楽しんでいます。

 

 

 

 

毎朝の礼拝で歌の奉仕を行う聖歌隊も

クラブとして活動していますが、

讃美歌を歌うことの多い聖歌隊とは

違った形で音楽に親しんでいるようです。

 

 

 

 

そして4日間行われたアトリウムライブの

トリを飾ったのはハンドベルクラブです。

 

 

 

 

ハンドベルの清らかな音色が

アトリウムの吹き抜け空間を駆け抜け、

校舎全体がベルのハーモニーに包まれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

enjoy! 長崎!

2020.02.06

 

 

希望館の2階から4階には、

中学生のホームルーム教室が並びます。

 

 

 

 

3階の中2のフロアの掲示板には現在、

修学旅行コーナーが設けられています。

 

 

 

 

中学2年生は春休みに長崎を中心とした

九州方面への修学旅行に出かけます。

 

 

 

 

長崎の歴史や地理、文化のほか、

観光地や食べ物など生徒たちが調べた

長崎情報がたくさん掲示されています。

 

 

 

 

また各クラスの修学旅行委員が作成する

「enjoy長崎」という修学旅行通信では

修学旅行のスケジュールについての情報や

担任の先生たちの長崎の思い出などを

取り上げています。

 

こむらさき通信でも中2の修学旅行に同行し、

その様子を後日お伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文化週間 ライブ

2020.02.05

 

 

文化週間に合わせて

希望館2階のアトリウムを使って

音楽系クラブのライブが行われました。

 

 

 

 

初日は筝曲クラブが演奏しました。

緋毛氈が敷かれたアトリウムは

いつもとは違う雰囲気です。

 

 

 

 

クラブ活動のために4階にいた生徒にも

箏の音色が届いていたようです。

 

 

 

 

2日目は軽音楽クラブの登場です。

クラブ内で選抜されたメンバーによる

こむらさき楽団が演奏していました。

 

 

 

 

こむらさき楽団は夏に行われる

軽音楽系クラブコンテストを目指し、

学校代表バンドとして活動していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文化週間 クラブ展示2

2020.02.04

 

 

昨日に続き文化週間のクラブ作品の

展示の様子をお伝えします。

 

 

 

 

希望館1階の玄関ロビーには

美術クラブの部員の作品が並べられ

登校してくる生徒たちを出迎えます。

 

 

 

 

書道クラブでは学年ごとに作品をつくり

それぞれの教室の近くに展示しています。

中学2年生の部員は聖書の言葉を選びました。

 

 

 

 

ちなみに校内にあるこちらの聖句板は

年間を通して書道クラブの生徒が

週替わりで聖句を書いてくれています。

 

 

 

 

高校3年生の部員は黒い布に

5つの花の名前を書きました。

桜以外は本校の卒業式などで歌われる

同志社花の歌に登場する花の名前です。

 

 

 

 

その花の歌の最後の四番の歌詞を

書いたのは高校1年生の部員です。

 

1か月後には、この花の歌を歌って

高校3年生たちが本校を巣立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文化週間 クラブ展示1

2020.02.03

 

 

先週から今週にかけて毎年恒例の

文化週間が実施されています。

 

 

 

 

文化週間は秋の文化祭と並んで、

文化系クラブが日ごろの活動の成果を

発表する大切な場となっています。

 

 

 

 

希望館2階のアトリウムには

展示用のパネルが並べられ、

特設ギャラリーとなっています。

 

 

 

 

ここではコミッククラブ、写真クラブが

それぞれの作品を展示しているほかに、

地歴クラブが各地の冬の伝統料理について

調べたことを発表しています。

 

 

 

 

また高校2年生が書道の授業で書いた

「漢字仮名交じりの書」の作品も

展示されています。

 

通りがかる生徒も思わず足を止めて

作品を鑑賞しています。