同志社女子中学校・高等学校

創立者新島襄の精神は、今なお受け継がれる。

新島襄は「大学の完成には200年を要する」と述べました。この言葉は、同志社の創立と発展に懸けた志の大きさを物語っています。自由と良心にあふれるキリスト教主義私立大学の創設にその生涯を費やした新島襄の精神は、同志社大学、同志社女子大学のほか、4つの中高一貫校、小学校、幼稚園を含む一大総合学園となった今もなお受け継がれ、教職員、支援者の一人ひとりが「同志」として、「一国の良心とも言うべき人物」の育成に取り組んでいます。

新島襄と同志社設立の経緯

国禁を犯して脱国、アメリカで得た教育の原点
新島襄は1843(天保14)年、江戸の安中藩邸に誕生しました。武士の子として文武両道に励む一方で、西欧に学ぶ必要性を強く感じ、1864(元治元)年、鎖国令を犯してアメリカに脱国。フィリップスアカデミー、続いてアーモスト大学で学び、日本人初の理学士の学位を取得。アンドーヴァー神学校在学中には、岩倉使節団の通訳としてヨーロッパ諸国に渡り教育事情を視察しました。 欧米の優れた文明や学問の背景にキリスト教主義が息づいていることに気づいた新島は、日本にとって必要なのは、技術や知識だけではなくキリスト教の精神であると考えるようになりました。この間に学んだ「良心」と「自由」という考え方が、後の学校づくりを支えていくことになります。
同志社英学校創立と、一人ひとりを尊重する教育
帰国した新島は1875(明治8)年に同志社英学校を設立。学生はわずか8名でした。新島の願いは「良心を手腕に運用する人物の養成」。信念と独立心をもち、安易に人に左右されない学生を、型にはめずに大きく育てようと考えたのです。1890(明治23)年、新島は46歳でその生涯を終えましたが、一人ひとりの人格を尊重する教育方針は、今もなお貫かれています。

同志社の教育理念

  • キリスト教主義
    良心を手腕に運用する、キリスト教に基づいた全人教育
  • 自由主義
    一人ひとりが自らの個性を発揮できる環境づくり
  • 国際主義
    新島の精神を継承した、世界で活躍する真の国際人の養成

マーク・スクールカラー

同志社の徽章は、国あるいは土を意味するアッシリア文字を図案化したもので、知・徳・体の三位一体を表現しています。同志社神学校教授だった湯浅半月が考案し、1893(明治26)年に制定されました。スクール・カラーは、Purple&White(紫と白)の2色。紫はロイヤル・パープルで、日本の古代紫と江戸紫の中間色に相当します。(新島襄が学んだ米国アーモスト大学のスクール・カラーと同色)

同志社における女子教育

同志社女子部は、英学校設立の翌1876(明治9)年、京都御苑内の旧柳原邸デイヴィス宅において始まりました。英学校創立当初より新島が女子教育に注力した理由として、渡米中に男女がともに学び、ともに働く社会を目にしていたことが挙げられます。 1877(明治10)年には新島襄が校長となり同志社女学校と改称。自ら教鞭をとった新島の妻八重や、デントン女史をはじめとした女性宣教師たちの熱意ある教育によって発展し、今日の本校と同志社女子大学に至っています。同志社女子部は、新島が描いたような世界に広く活躍・貢献する女性の養成を目指します。

新島八重、デントン女史