同志社女子中学校・高等学校

  • HOME
  • ニュース一覧

アドベント礼拝

2018/12/06イベント

 12月2日(日)からアドベント(待降節)に入り、本校でも12月6日(木)にアドベント礼拝を守りました。講師には、日本基督教団世光教会牧師の新井純先生をお迎えし、「あなたの祈りは聞き入れられた」と題して奨励をしていただきました。先生は、聖書の中から二人の女性の身に起こった出来事についてお話になりました。祭司ザカリアの妻エリサベトとその親類のマリアです。彼女たちは、天使から、身籠もって男の子を生むことが告げられます。高齢のエリサベトや、未婚のマリアにとって、これは思いもしなかったことでしょう。特にマリアのように未婚の女性が身籠もるということは、石打ちの刑になる可能性もありました。しかし、彼女たちは謙遜な信仰をもって天使の言葉を聞きました。つまり、自分の思うような形とは違っても、神様は最も相応しい形で叶えて下さるということを信じて与えられた出来事を受け入れたのです。これに続き、先生は自分の意図とは違う形で願いが叶えられた「3本の木」の絵本の話をして下さりました。私たちも思い通りにいかないことや、受け入れるのが困難な状況に直面することがあります。しかし、先生のお話をお聞きし、すべてを神様が備えて下さると信じて受け入れる、遜った思いの大切さを改めて覚えました。