同志社女子中学校・高等学校

MENU
MENU
同志社女子中学校・高等学校
〒602-0893 京都市上京区今出川通寺町西入
TEL/075-251-4305
FAX/075-251-4308
  • HOME
  • こむらさき通信

中1狂言鑑賞

2020.11.13

 

 

 

中学1年生が狂言の鑑賞を行いました。

 

 

 

 

 

 

栄光館ファウラーチャペルの

1階席と2階席とに分散して着席。

 

 

 

 

 

 

演者の方との距離もとるために

舞台からは大きく離れて着席しました。

 

 

 

 

 

 

狂言を演じてくださったのは

京都ではおなじみの茂山狂言会の皆さん。

 

はじめに狂言に関する基本的な知識を

レクチャーしていただきました。

 

 

 

 

 

 

今回演じてくださった演目は、

「附子(ぶす)」でした。

 

中学生にもわかりやすいお話で、

演者の方のセリフやしぐさに

生徒たちの笑い声が聞こえてきました。

 

 

 

 

 

 

京都に伝わる伝統芸能に触れる

楽しいひと時を過ごすことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後の授業

2020.11.12

 

 

 

朝夕の冷え込みが厳しくなりました。

それでも今日は日中は気温が上がり、

過ごしやすい1日でした。

 

今日の午後の授業の様子です。

 

 

 

 

 

中学1年生の英語の授業のうち

週に2時間は1クラスを2分割して

Language Labで行います。

スピーチ練習を行っていました。

 

 

 

 

 

 

中学2年生の美術の時間です。

木版画の制作を行っています。

 

 

 

 

 

 

新生館1階のダンス教室では

中学3年生が創作ダンスの

クラス発表を行っていました。

本校では中2以上の体育の授業で

ダンスの授業を行っています。

 

 

 

 

 

 

そして希望館1階の書道教室では

高校1年生が黙々と練習に励みます。

本校では高校で必履修となる芸術科目は

音楽・美術・書道の3科目から選択します。

 

秋の深まりとともに生徒たちの学びも

深まっているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中学1年理科の授業

2020.11.10

 

 

 

 

 

 

希望館3階の理科教室1で

中学1年生の授業が行われていました。

 

 

 

 

 

 

今回は様々な実験を通して、

物質の性質を調べていきます。

 

 

 

 

 

 

電子天秤やガスバーナーなど

基本的な実験器具を使いこなし、

班ごとに実験を進めます。

 

 

 

 

 

 

色やにおい、水に溶かした時の様子、

加熱したときの反応などのデータから

物質を特定していきます。

 

 

 

 

 

 

同じころ、隣の理科教室2では

高校2年生WRコースの

生物の授業が行われていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

箏曲クラブ高3演奏会

2020.11.07

 

 

 

 

 

 

箏曲クラブの高校3年生による演奏会が

静和館ホールで行われました。

 

 

 

 

 

 

例年は文化祭での公演をもって

高校3年生が引退する筝曲クラブですが、

今年は文化祭での発表の機会がなかったため

特別に演奏会を実施しました。

 

 

 

 

 

 

万全の感染対策をとった今回の演奏会は、

舞台に上がる高3部員もマスク着用、

そして入場者も高3部員の家族など

クラブ関係者だけに限定されました。

 

 

 

 

 

 

例年に比べると演奏の機会が

制限されたこの1年でしたが、

これまでの練習の成果を発表できた

高校3年生の部員にとっては

区切りの演奏会となったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中3クイズ大会

2020.11.06

 

 

 

本校の希望館は竣工から5年目。

この校舎の最大の特徴である

中央吹き抜け部分の最上階である4階は

中学3年生のフロアとなっています。

 

 

 

 

 

 

吹き抜けを取り囲むスペースからは

吹き抜けの基底部であるアトリウムを

見下ろすことができ、休み時間には

多くの生徒が集まっています。

 

 

 

 

 

 

さて昨日の木曜日の7時間目に

中学3年生の教室からは

生徒の楽しそうな声が聞こえてきました。

 

 

 

 

 

 

ホームルームの時間を利用して

各教室ではクイズ大会が行われていました。

 

 

 

 

 

 

中3担任団の6人の先生たちが

あらかじめ作ったクイズを、

各教室のプロジェクターで投影し、

クラスごとに楽しみました。

 

 

 

 

 

 

優勝者には担任の先生からの

豪華景品があったとかなかったとか。

 

授業の時の真剣な雰囲気とは異なり、

クラスみんなで盛り上がっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

深まる秋

2020.11.05

 

 

 

 

 

 

本校静和館4階の廊下から眺められる

京都御苑の木々が徐々に色づいてきました。

 

 

 

 

 

 

11月に入り秋から冬へと向かう

季節の移ろいを、キャンパス内でも

感じられるようになりました。

 

 

 

 

 

 

この季節になると静和館4階の

吹き抜けに設けられたステンドグラスが、

午後の日差しを受けて美しく輝きます。

 

 

 

 

 

 

グラウンドでの体育の授業は

青空の下で心地よい風を受けながら

生徒たちが気持ちよく汗を流しています。

 

 

 

 

 

 

深まる秋を感じる平和な1日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私学展に出品しました

2020.11.04

 

 

 

今年も私学展が開催され、

本校生徒の作品が出品されました。

 

 

 

 

 

 

京都市左京区の岡崎公園にある

京都市美術館別館が会場でした。

 

 

 

 

 

 

この私学展では京都府内にある

私立中学校・高校の生徒たちの

芸術作品が展示されます。

 

 

 

 

 

 

本校からは例年と同様に

美術や書道の授業で取り組んだ

生徒の作品が出品されていました。

 

 

 

 

 

 

各学校の作品はどれも力作ぞろいで

とても見ごたえがありましたが、

今年は新型コロナによる休校中の

リモート課題作品も多く見られました。

 

 

 

 

 

 

また各学校の写真部の生徒が作成した

写真の作品も展示されていました。

 

本校写真クラブも多くの作品を出品し、

高3部員のコラージュ作品が金賞を受賞。

 

 

 

 

 

 

本校の写真クラブの生徒たちも

会場に来て作品を鑑賞していました。

他校生徒の作品からヒントや刺激を受けて、

次の創作への意欲が高まっていたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦時下の同志社女子

2020.11.02

 

 

 

希望館1階には本校の歴史にまつわる

様々な資料などを紹介する

展示ギャラリーが設けられています。

 

 

 

 

 

 

現在こちらの展示ギャラリーには

第二次世界大戦中の本校の様子を

伝える資料が展示されています。

 

 

 

 

 

 

今回の展示にあたっては

戦時下の同女で学生生活を送られ、

今年の女子部創立記念礼拝に

講師としてお越しいただいた

小野恵美子さんから貴重な資料を

お借りすることができました。

女子部創立記念礼拝を守りました 2020/10/03

 

 

 

 

 

 

戦時下の本校生徒は学業の時間が削られ、

軍需工場や岩倉の農場での作業などに

動員されていたそうです。

 

 

 

 

 

 

小野さんが1944年8月から伊丹市の

軍需工場に動員されたときの記録が、

本校の創立100周年を記念して発行された

『同志社女子部の百年』に掲載されています。

 

その記録によると、

「リンゴ一ヶ、バナナの粉配給」

「空襲に備えて工場建物の天井取りこわし始まる」

「朝空襲、寮の近くに火の手が上がる」

「毎夜蚊とのみの襲来、敵機の襲来で悩まされる」

など当時の様子が生々しく伝わってきます。

 

 

 

 

 

 

今回の展示を通して

本校の歴史にあった戦争の時代を知り、

平和を作っていくことの意義を

生徒たちが考えてくれることでしょう。